JALが、ANA系列のピーチに対抗して作ったLCC(格安航空会社)ZIPAIRが、遂に旅客便として成田~ソウル線に就航します。


ZIPAIRは、JALの100%子会社で、中長距離の国際線の就航するLCCの(格安航空会社)です。

東京オリンピックが始まる前に就航する予定だったのですが、新型コロナウイルス問題で、2020円年6月3日に貨物専用便として、東京(成田)~バンコク(スワンナプーム)線に初就航しています。

JAL系列のLCC(格安航空会社)が、遂に旅客便として成田~ソウル線に就航!

それが、遂に旅客機として、10月から東京(成田)~ソウル(仁川)線の運航を始めるとのニュースです。

ソウル線は、9月12日から貨物専用便として週5往復で就航していましたが、旅客便は計画通り週7往復(1日1往復)のデイリー運航を目指しています。

機材は、ボーイング787-8型機で、座席数は2クラス290席。

フルフラットシートを採用したビジネスクラスにあたる「ZIP Full-Flat(ジップ・フルフラット)」が18席、エコノミークラス「Standard(スタンダード)」が272席です。

これで気になるのは、東京(成田)~ホノルル線への就航ですね。

すでに米国運輸省(DOT)が7月10日付で営業許可を出しており、米国側との調整は順調。

ハワイ州政府による外国人の受け入れ態勢が整い次第、旅客便を就航させるとの事です。

大阪(関西)発着のホノルル線に就航しているLCC(格安航空会社)はありましたが、東京(成田)~ホノルル線に就航しているLCC(格安航空会社)はありませんでした。

ZIPAIRの機材は、日本のLCCとしては唯一のワイドボディ機、ボーイング787-8です。

ビジネスクラスもあるので、これは期待大ですね。
関連記事
●参考になりましたら、ランキングの応援を!
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 








 カテゴリ
 タグ