ANA・JALマイル☆マイルUP!

ANAマイル・JALマイル、マイレージ貯めて特典航空券獲得へ!陸だけで効率よくマイル を稼ぐ方法や、クレジットカード・ポイントを利用した裏技、お得な航空券情報などを紹介しています。


ANAは、マイル修行に大打撃なマイル積算率変更を発表!

  •  投稿日:2017-08-15
  •  カテゴリ:ANA情報

ANAは、国際航空券で発券される日本国内線のマイル積算率の変更を発表しました。


現在(2018年9月30日搭乗分まで)は、国際航空券で発券される日本国内線は、国際線の予約クラスに関わらず、区間マイル数の100%、予約クラスがFの場合は150%が積算されます。

これが2018年10月1日からは、予約クラスに応じて区間マイル数の30%~150%となってしまうのです。

ANAは、マイル修行僧に大打撃なマイル積算率の変更を発表!

その詳細は、国際線の予約クラスが「L・K」の場合は30%、「V・W・S」は50%、「U・H・Q」は70%、「Y・B・M」は100%、「F・A」は150%です。

マイル修行をする場合、従来は割安な国際線航空券と国内線の乗り継ぎ航空券の組み合わせで、マイルやプレミアムポイントを多く稼ぐことができたのですがそれが出来なくなります。

マイル数が減るのは仕方ないですが、プレミアムポイントを多く稼ぐことが出来なくなってしまうので、これは修行僧には大打撃。

修行のために、国内は新幹線のほうが便利なのに、国内線を利用されていた方はこの改定で国内線を使う意味がなくなりますね。

ANAがJALより人気なのは、マイルがたまりやすいから。

この改定は、ANAにとってマイナスに思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ 国際航空券で発券される日本国内線のマイル積算率の変更について

こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
ANA 

デルタ航空は、747型機退役前にフォトコンテストを開催、ラストフライト招待や記念グッズプレゼントも!

デルタ航空は、ボーイング747-400型機の退役を前に、ありがとうプロジェクト「Thank You 747-400」を開催しています。


747-400型機での日本路線は、9月5日の成田~ホノルル線、110月30日の成田~デトロイト線がラストフライト(予定)。

ありがとうプロジェクト「Thank You 747-400」の一環として、デルタ航空747-400型機のフォトコンテストが開催されています。

デルタ航空は、747型機退役前にフォトコンテストを開催、ラストフライト招待や記念グッズプレゼントも!

データ受付期間は、2017年7月31日から9月15日まで。

応募された写真の中から選ばれた、最優秀作品および優秀作品は10月18日から11月7日まで成田空港のアートギャラリーで開催される写真展に展示。

最優秀賞に選ばれた方は、デルタ・ワン スイートも体験できるアトランタデルタ航空博物館「747エクスペリエンスツアー」に招待されます(1組2名様)。

この「747エクスペリエンスツアー」の内容は、成田~アトランタ線のラストフライトで搭乗、後継機の最新鋭A350での帰国となります。

しかも帰国時の最新鋭A350の座席は個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」。

アトランタでは、デルタ航空本社や隣接するデルタ航空航空博物館にある最新展示「747エクスペリエンス」を訪れ、747型機の歴史と技術、航空旅行への貢献の歴史に触れてもらうと言った内容です。

このほか、747型機との思い出ストーリーの募集や、チャーリィ古庄氏が撮影した写真の中から厳選して選んだ5種類の退役記念ポストカードの制作、ホノルル線・デトロイト線のラストフライトに乗者された方へのプレゼント、退役記念特製モデルプレーンの制作も行なわれます。

以前は747型機が当たり前だった気がします。

ハワイへ行った時も、沖縄へ行った時も747型機。

これがなくなってしまうのは、寂しいですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ デルタ航空 ありがとうプロジェクト「Thank You 747-400」


こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
Copyright © ANA・JALマイル☆マイルUP! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます