これは、スーパーモーニングの中で討論されていた内容です。

「V字回復」が実は簡単だという理由は、まず赤字倒産じゃなくて、資金繰りによる倒産であること。

ここでリストラ、年金カットとかジャンボ機の廃棄とか、借金棒引きや融資で、経営の足を引っ張っていた部分が全部なくなるのだから、黒字になるのは当然だそうです。

番組内での獨協大教授で経済アナリストの森永卓郎三のコメントです。

「再生支援機構による計画倒産、実質的な乗っ取りだと思っている。JALが誰のものになるかというと、融資をする支援機構のものになる。3年後に再上場したときは、巨額の上場益が入ってくる」
「ダイエーのときは、産業再生機構が500億円をいれて、短い期間で168億円儲けている。それと同じことが起こる」
「ダイエーの時は1%権利を残したが、今回は(ゼロだから)既存株主にあまりに冷たいなと思う」
「問題はあった。古い飛行機を整備しながらやってきたから、リストラ自体は正しいんだが、だれがその費用をもつのか。政府は金を出さず、株主に責任をとらせている。赤字路線を押し付けてきた政府にも責任はあると思う」
「3年後にわかります」

さらに、なんでこうなるまで放っておいたのか、との意見に対して、

「自民党は先送りにしてきたのを、民主党は一気にやると」

とのことでした。

私もこの機会にダメなものを全て整理してしまう訳ですから、以外と早く黒字になると思います。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None