日本航空(JAL)の会社更生法適用申請を受けて、国土交通省は19日、全日本空輸(ANA)に対し、日航の利用客が旅行先から帰国できないなどの問題があった場合、代替輸送などの協力を要請したそうです。

全日空は国交省から要請があれば、可能な限り協力をすることを表明したとのことです。

さらにANAは、日本航空の再建について、「公的資金支援により、健全な競争環境が歪められ、公正かつ公平な競争環境が確保されなくなる可能性があることに重大な危惧(きぐ)を抱いています」とのコメントも発表しました。

詳細はこちらでご確認ください。→ 「できる限りのことを」全日空社長、日航再建問題で

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None