本日(17日)午後3時ごろ、宮崎発羽田行きスカイネットアジア航空58便(ボーイング737-700型機、乗員乗客133人)から、「右主脚が出ない」と、国土交通省東京空港事務所に連絡が入ったそうです。

同機は右主脚を手動で下ろし、予定より1時間10分遅れの午後4時25分ごろ、同空港に着陸。火災などは発生せず、乗客乗員にけがはなかったそうです。

国交省東京空港事務所などによると、手動で車輪を出した際、目視で確認したが、車輪のギアが固定されたことが計器で確認できなかったことなどから、いったん着陸をあきらめ、上空を約1時間旋回する間に手動で主脚を降ろしたそうです。

この影響で、同機が着陸したB滑走路は約1時間20分にわたって閉鎖され、12便に最大20分の遅れが出たとのことです。

けが人もなく、大きな事故にならなくて何よりでした。

詳細はこちらでご確認ください。→ 手動で車輪出し緊急着陸=スカイネット機-羽田空港

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None