日本航空(JAL)の再生計画は、早期再生に向け、ホテル・旅行事業など、中核事業以外の子会社を売却。

また、航空事業に資源を集中した新会社に移行する新旧分離を行うそうです。

羽田空港の国際化をにらみ、本社も東京・東品川から羽田に移転することが検討されています。

本社移転は、旧JASも、バブル崩壊後に虎ノ門から羽田の整備場に移転しましたが、それの繰り返しのように思います。

グループ人員は12年度までに1万5000人を削減し、企業年金基金は存続する方針だ。

企業再生支援機構の原案によると、機構の支援に加え、会社更生法の適用申請前に利害関係者間の調整を進めておく「事前調整(プレパッケージ)型」の再建手法により、燃料などの商取引債権・マイレージ・機材リースを保護するようです。

詳細はこちらでご確認ください。→ <日航>新旧分離 本社は移転 支援機構原案

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
JAL