JALはついに19日、会社更生法の適用申請となったようです。

会社更生法について調べてみました。

会社更生法(かいしゃこうせいほう)は、経営困難ではあるが再建の見込みのある株式会社について、事業の維持・更生を目的としてなされる更生手続を定めるために制定された日本の法律です。

日本における倒産法の一つ。

倒産法制における位置づけとしては、再建を目的とする点で、民事再生と共通し、清算を目的とする破産と異なるそうです。

これは、株式会社だけが対象で、破産、民事再生とは異なるようです。

民事再生法との違いとしては、担保権者や株主についても更生手続の対象となることなどが異なります。

また、会社更生法のみが、他の破産手続きと異なり抵当権・質権といった担保物権について別除権を認めず、更生手続き中の担保権の実行は禁止又は中止となるようです。

やはり難しいです。ですが、このことによりマイレージか保護されるのでしょう。

経営難の日本航空(JAL)は、裁判所の監督下での再建を目指し、19日に会社更生法の適用を申請するそうです。

9日の各紙の報道でも、先に私的整理による再建案を提示していた銀行団は法的整理による再建案を受け入れたようです。

今後、JALは企業再生支援機構(Enterprise Turnaround Initiative Corp.)の下の再建となります。

支援機構は運航が続けられるよう日航に3000億円を出資し、各取引銀行に計3500億円の債権放棄を要請するとともに、国際線の大幅削減などによって再建を図るそうです。

政府は、日航が就航している35か国に対して日航への海外での信用不安を打ち消すために、政府の全面支援を保証するとの声明を発表したそうです。

デルタとの提携はどうなったのでしょうか。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None