JALの経営再建問題は、法的整理で決着のようです。また、マイレージ・プログラムも原則として保護の対象だそうです。

政府は7日、日本航空(JAL)の経営再建を巡り、法的整理を活用する企業再生支援機構の再建案を採用する方向で最終調整に入ったそうです。

日本航空(JAL)が今月中に裁判所へ会社更生法の適用を申請した上で、機構が支援決定を行い日本航空(JAL)を正式に管理下に置くそうです。

菅財務相や前原国交相ら関係閣僚が週末にも協議し、政府としての方針を決める見通しだそうです。

なお、日本航空の支援を検討している企業再生支援機構が、法的整理に踏み切った場合でも日航株の上場を維持する方針で、東京証券取引所と調整に入ったそうです。

昨年9月に鳩山政権が発足して以来、曲折をたどった日航再建問題は、最大のヤマ場を迎えた様ですね。

でも私に関心があるのはアメリカン、デルタどちらと組むのか。

「ワンワールド」に残るのか「スカイチーム」に移るのかです。

そしてさらに気になるのが、マイレージ・プログラムですが、原則として保護の対象とすると出ているので一安心と言った所でしょうか。

詳細はこちらでご確認ください。→ 日航、法的整理で決着へ…支援機構案採用で調整

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
JAL