12月28日米航空当局者によると、オランダ・アムステルダムから米ミシガン州デトロイトに向かっていた米ノースウエスト航空機の機内で、男が不審な行動をとったため、乗務員が緊急支援を要請。

デトロイト・メトロポリタン国際空港着陸後に男は拘束されたそうです。

この航空機は、今月25日クリスマスの日に爆破未遂事件が起きた便と同じNW253便だったそうです。

同機は空港着陸後、隔離された区域に駐機され、米連邦捜査局のテロリズム対策部門による捜査が行われたようですが、FBIは「重大な事件ではない」としているそうです。

ノースウエスト航空の親会社、デルタ航空の広報担当者は、機内に取り乱した様子の乗客がおり、多数の警告が寄せられたため乗務員が当局に通報したと語ったそうです。

乗客257人と乗員12人は無事だということです。

FBIや空港当局は、乗客がトイレに長時間こもっているとの報告を受け、懸念が強まったために警戒態勢をとったとしているそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 米ノースウエスト機にまた不審人物、爆破未遂事件と同じ便

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None