クリスマスの日にオランダ・アムステルダムから米デトロイトに向かっていたノースウエスト航空機で、乗客の1人が爆竹のようなものに火を付けて取り押さえられた事件があったようです。

ノースウエスト航空の親会社、デルタ航空の広報担当者が25日に明らかにしたようです。

CNNによると、ホワイトハウスは事件をテロ未遂と見ているということです。

事件は乗客278人を乗せたノースウエスト航空253便のエアバス330型機が最終着陸態勢に入ったときに発生したようです。

火を付けた人物を含め数人が軽傷を負ったようです。

デルタ航空によると、「爆竹のようなもの」という情報は乗り合わせた乗客の証言によるもので、米ABCが報じた「粉状の物質」だったという情報については分からないという事です。

同便は現地時間25日正午(日本時間26日午前2時)ごろ、デトロイト・メトロポリタン国際空港に無事着陸したとのこと。

ですがせっかくのクリスマスに乗り合わせた方はとんだ災難ですね。

米テレビ局CNNが連邦政府の情報として伝えたところによると、火を付けた人物は取り調べに対し、国際テロ組織アルカイダとの関連を示唆しているということです。

イエメンで爆発物を受け取り、火を付けるタイミングを指示されたということです。

CNNによると、ハワイで家族と休暇中のバラク・オバマ米大統領は知らせを受け、国家治安当局と電話会議を行ったようです。

デトロイトの連邦捜査局の報道官では、事件は捜査中だそうです。

共和党のピーター・キング下院議員は米フォックス・ニュースに対し、火を付けた人物は23歳のナイジェリア人で、「確実にテロとの関連がある」と語ったそうです。

使われたのは「かなり洗練された装置」で、大惨事になりかねなかったということです。

詳細はこちらでご確認ください。→ ノースウエスト機内で爆発物騒ぎ、犯人はナイジェリア人  
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None