これは今年の夏に海外で実際にあった話です。

10代の女の子がドラッグストアで買い物をしました。あちらのお国らしく支払いはもちろんクレジットカード(VISAデビット)払い。

お母さんが翌日になって請求を確認してみると……そこには驚きの金額が!

VISA「23,148,855,308,184,500ドル(日本円で約21京5960兆9600億円)を支払って下さい」

お母さんはもちろんビックリ。娘はドラッグストアで20ドルしか買い物をしていません。一体なぜ20ドルが2,300兆ドルに!? 

2,300兆ドルといえばアメリカ国債の2000倍以上、日本の総国家予算に当てはめてもたっぷり1,000年分ほどです。

VISAに問い合わせてみたところ、原因はシステムエラーとの回答を頂き一安心。

ここまで金額が桁外れなら、すぐにエラーと分るでしょう。

それにしても2,300兆ドル、カードの限度額がなかったとしても何をどれだけ買えばその金額になるのでしょうか?

詳細はこちらでご確認ください。→ クレジットカードで2,300兆ドル(約21京円)請求された女性

日本では、セブン&アイが10億円分の工具を5万円と「ミス販売」で話題になってます。 

ビール30本が300円、 「コカコーラプラスファイバー500」が24本で98円、「オリオンドラフト小瓶」が30本で300円、

工具なども同様に売られていたらしく、トルクゲージは、1箱がなんと「20000本入」で5万円。1本が5万円なので、単純に計算すると、10億円だそうです。

セブン&アイは、注文取り消しのお詫びに2000円を払うことにしたとのこと。

価格のミス、ご請求が来て取り消してもらうのは当然ですが、お得な商品があって、やったと思ったら注文取り消しでお詫びに2000円。

以前株のご発注、最近裁判になっていましたが数百億の損害。セブン&アイは大手企業にもかかわらず間違いでしたはないんじゃないですか。

詳細はこちらでご確認ください。→ 10億円の工具がなんと5万円 セブン&アイまたまた「ミス販売」
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None