南アフリカの話だそうです。

軍用機の後部座席に乗っていた男性が、飛行中に安定を保つため、たまたまレバーらしきものをつかんだのですが、なんとそれは緊急脱出装置。

ロケット噴射によって天井を突き抜け、機内から100mも飛んで行ってしまったのです。

男性は100mも飛ばされたものの自動的に開くパラシュートで無事着陸し、ヘリコプターによって救出されたとのことです。

自動車を運転中に、サングラスを出そうとごそごそ、うっかり給油口のレバーを引いてしまい、ミニバンのスライドドアが開かなかったことが最近ありましたが、

飛行機だと、さらに軍用機だととんでもないことになってしまいますね。

詳細は、らばQでご確認ください。→ 軍用機の緊急脱出レバーをうっかり引いた男性、ロケット噴射でコックピットから100メートル飛ばされる

緊急脱出 

 


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None