ロンドンのヒースロー空港でおきた異例の珍事です。

通常通り離陸するはずだったブリティッシュエアウェイズの飛行機が、「灰皿が見当たらない」という理由で25分も離陸が遅れたのだそうです。

今はと飛行機って禁煙ですよね。

このブリティッシュエアウェイズの飛行機も禁煙なのは間違いないようです。

ではどうして灰皿がないと離陸できないのでしょうか?

それは航空法により、禁煙でも灰皿が完備されていないと飛ぶことが許されていないのだそうです。

これは隠れてタバコを吸う者が現れた場合、吸殻を入れる部分として備えておかなくてはならないという理由があるそうです。

今回、ブリティッシュエアウェイズのスタッフは足りない灰皿を探すため、他の飛行機からもってきたことによって、この事態を回避したようです。

航空法も、時代とともに改定されないとこんな珍事が起きてしまうのですね。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None