アイルランドの格安航空会社ライアンエア(Ryanair)は、「大柄な乗客」に対する新たな課金アイデアの募集で最も得票数の多かった、肥満の乗客から「ファット・タックス(肥満税、fat tax)」を徴収するとの案を断念しました。

断念の理由は、同案を採用した場合、搭乗手続きにかかる時間が長くなってしまうためだそうです。

今回のアイデアは、インターネットを通じて利用客らに対し、「大柄な乗客」に対する課金アイディアを募集したところ、1万6000人からのオンライン投票があったそうです。

私も飛行回数少ないですが、隣に大柄な乗客がきたらやはり嫌です。

こないだハワイに行ったときも、行きにやや太りぎみの男性が。良い人だったのですがやはり圧迫感があり、窮屈でiした。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None