アイルランドの格安航空会社ライアンエア(Ryanair)は21日までに、機内禁煙に苦しむ愛煙家向けに「煙が出ないタバコ」を販売すると発表しました。

私もタバコを吸いますが、旅行のときはぜんぜん苦にならないのです。

それは楽しみが待っているからでしょう。

ハワイに行く前に電子タバコを買っていたのですが、電子タバコはリアルなばかりに禁煙場所ではすえないので、あまり意味がないような。

ライアンエアの声明には、「愛煙家のみなさんはもう、タバコなしの長時間フライトを心配なさる必要はありません。当社が新しく発売する無煙タバコは、法律で禁止されている『機内喫煙』に抵触することなく、ニコチンを味わうことができます」とあるそうです。 

この「Similar Smokeless Cigarettes」は、外見は本物そっくりだが、火を付ける必要はない。吸い込むだけで少量のニコチンを摂取できるという。全路線で、18歳以上を対象に販売される。10本入り1パックの値段は6ユーロ(約810円)だそうです。(c)AFP

これって電子タバコなのでしょうか?

詳細は、AFPBB Newsでご確認ください。→ ライアンエア、「機内禁煙」に違反しないタバコを発売
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None