テレビや新聞でも電子マネー、注目されています。現金だと払っておしまいですが電子マネーならポイントがもらえるのでうれしいですよね。

いよいよ宅急便などの支払いにも電子マネーWAON(ワオン)が使えるようになります。

でも、もともとコンビニから送るのだから電子マネー使えたよ、と私も思ったのですが、このような大手企業がどんどん電子マネーを導入するようになるとさらに導入する企業が増えるのではないでしょうか。

電車に乗るとき、切符を買わなくなったように数年後は現金を見なくなるのではないでしょうか。

ヤマト運輸は19日、イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」による支払いサービスを全国の営業所「宅急便センター」(約3900店)で21日から導入すると発表。

全国の宅急便センター窓口に設置している電子マネー専用端末に、ワオンの電子マネーカードをかざすだけで、宅急便の送料や段ボールなどの包装資材の料金の支払いができます。

ポイントサービスもあり、代金200円ごとにポイントが1ポイントを付与し100ポイントで100円分の電子マネーとして利用できます。

21日から11月30日まではキャンペーンを実施!支払額500円以上をワオンで決済した利用者全員に10ポイントを贈呈。

WAON(ワオン)は、今月13日からはコンビニエンスストア大手のファミリーマートでも利用できるようになっています。ヤマト運輸の導入で、利用できる店舗数は約4万500店舗に拡大するようです。

詳細はこちらでご確認ください。→ プリペイド型電子マネーWAON(ワオン)による決済開始のお知らせ

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ