JALは、ANAとの国際線の経営統合で、JANAになるのではないかなんて週刊誌で騒がれていましたが、BIGニュースです!

なんと、経営不振に陥っているJALが、世界最大の航空会社である米デルタ航空との間で、デルタからの出資を含めた資本・業務提携を検討していることが明らかになったそうです。

政府の監督下で抜本的な再建のための経営改善計画を今月中にも策定する予定。

日本も自民党から民主党に変わり、今までのようには行きません。

さらに、日本の航空会社への外資の出資は、航空法で3分の1未満に制限されているので、欧州大手のエールフランス-KLMからの出資受け入れについても検討しているそうです。

海外の航空会社との提携拡大も再建策の柱の一、今後どうなるのかしばらく目が話せませんね。。

詳細はこちらでご確認ください。→ <日航>米デルタ航空と資本提携を検討 

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ