新型コロナウイルスの問題で、海外旅行には行けない状況が続いています。


そんな中で、JALは国際線の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を再設定すると発表しました。

JALは、燃油特別付加運賃額を2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しています。

2021年2月から2021年3月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均は、1バレルあたり66.08米ドルでした。

同期間の為替平均1米ドル107.20円を乗じたシンガポールケロシン市況の円貨換算額は7,084円。

これにより、2021年6月から7月に発券される航空券に、燃油特別付加運賃が適用されます。

JALは、国際線の燃油サーチャージ再設定を発表、ホノルル片道4,400円!

適用期間は、2021年6月1日~2021年7月31日発券分まで。

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)額

韓国・極東ロシア 片道300円。

韓国・モンゴル以外の東アジア 片道1,700円。

グアム・パラオ・フィリピン・ベトナム・モンゴル・ロシア(イルクーツク) 片道2,200円。

タイ・マレーシア・シンガポール・ブルネイ・ロシア(ノヴォシビルスク) 片道3,300円。

ハワイ・インドネシア・インド・スリランカ 片道4,400円。

ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア 片道7,700円。

2カ月間の市況平均が1バレルあたり6,000円(円貨換算額)を下回った場合は、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は不要となります。

詳細はこちらでご確認ください。→ 国際線「燃油特別付加運賃」の再設定を申請
関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 








 カテゴリ
 タグ
JAL