フィリピン航空は、CAの制服を新型コロナウイルス対策仕様に変更しました。


この新型コロナ対策仕様のCA制服は、フィリピンのデザイナー、エドウィン・タンさんがデザインを手がけたもので、CAが業務を遂行できるようにフィット性と機能を備たものです。

新型コロナ対策仕様のCA制服

エドウィン・タンさんは、この制服はデザインの時間が十分に取れなかったが、使用素材は小さな穴のないものを使っているので一般的な保護服より防御力に優れている、とのコメントをしています。

現地メディアの報道によると、フィリピン・エアアジアも、「コロナ対策」仕様の制服を発表しています。

すでに台湾では、自国のエアラインの客室乗務員に対し防護服等の着用が義務付けられているとの事。

デザイナー監修のもとの新型コロナ対策仕様のCA制服はフィリピン航空が初。

国際線は最も危険な感じなので、ANAやJALの国際線も、この様な制服になるのでしょうか?

ANAやJALの新型コロナ対策仕様のCA制服を見て見たいですね。

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ