緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛となっています。


多くの企業が、出社禁止でテレワークでの業務と、過去に経験した事体となっています。

ANAは、4月25日~5月15日までの国際線運休・減便の追加を発表しました。

新たに発表となったのは、67路線3,182便で、合計71路線3,323便の減便。

通常運航されるのは、東京(成田)~ロサンゼルス線のみで、減便率は約90.4%になります。

ANAは、オリンピック景気もあり史上最高の業績になるはずが、最悪の状態。

昨年5月にホノルル線に導入した総2階建てエアバスA380型機は、この4月に3号機を受領するはずが半年程度先送りにするとのニュースもありました。

ホノルル線だけを見ても、エアバスA380型機は2階建てで520席の超大型旅客機。

エアバスA380型機は2階建てで520席の超大型旅客機。

これが3機フル稼働するはずのゴールデンウィークが全て運休。

テレビのニュースでは、飲食店が過去経験した事のない酷い状況になっているとの事。

ANAも、創業以来、経験した事のない減収になっているのではないかと思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ 新型コロナウイルスの影響に伴う路線・便数計画の一部変更について

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ
 タグ
ANA