ANAの本音は、延期ではなくキャンセルしたかったのでは?


エアバスA380は、すでに生産中止が発表されています。

総2階建てで約500席を持つ世界最大の旅客機で「空飛ぶホテル」とも呼ばれています。

スカイマークが発注したエアバスA380で、ANAがスカイマークを傘下にする条件で導入しました。

この強気の経営で、ANAは総額1.3兆円規模の融資を要請するほどのピンチになっています。

この状況なので、ANAは今春予定していたエアバスA380-3号機の受領を半年程度延期するとの事です。

ANA、総2階建て超大型旅客機エアバスA380-3号機

これは日本経済新聞が報じたニュースです。
ANA、エアバス超大型機3号機の受領を延期

ハワイ路線向けに導入予定だったのですが、新型コロナウイルスの感染拡大でハワイ路線は運休。

この3号機は、4月に受領し5月からハワイ路線に就航するはずが、この状況では運行できません。

ANAのエアバスA380導入は失敗だったのではと思います。

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ
 タグ
ANA