ANAは、ANAグループの新たな挑戦として「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトを始動しました。


ヒコーキに乗る前よりも元気に、より快適なヒコーキの旅を目指すプロジェクトです。

その第一弾として、「時差ボケ調整アプリ」の提供をはじめました。

このアプリは、フライト情報や現地での予定をもとに、時差ボケを調整するために必要な光の浴び方、食事のとり方、睡眠・仮眠の取り方、体の動かし方など、体に良いことやいけないことが、出国前、そして機内にいる間、渡航中、さらに帰国後まで、それぞれのタイミングでアドバイスがアプリで提供されます。



長時間の国際線のフライトは、時差ボケや睡眠不足などが、疲労の蓄積につながると一般的に考えられています。

その医科学的な根拠を解明するため、ハーバード大学の研究グループと協力し、時差ボケに対する意識調査や日常の行動と時差ボケの関連性を研究した成果が、このアプリに反映されています。

今後、第二弾以降では「空の人間ドック」や「機内マインドフルネス」などのさまざまな取り組みを通じて、旅の常識を覆す新たな体験価値の提供を目指しますとの事です。

時代は変わりましたよね。

これは、スマホを利用しての、アプリのサービスです。

ソフトバンクグループ(SBG)も、通信事業は終わったとの事で、子会社の携帯電話大手ソフトバンクを年内にも上場させるとの事。

その資金は、AI関連企業への投資に使うそうで、「AIはすべての産業を再定義する」と孫氏は語っています。

ANAのアプリ同様で、今後はAIがすべてのカギを握る時代になりそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 「乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクト始動!

こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ
 タグ
ANA