セブパシフィック航空は、東京(成田)、大阪(関西)、名古屋(セントレア)、福岡発着~フィリピン線、東京(成田)発着~セブ線が対象のセールを開催しています。


販売期間は、2018年6月11日(月)まで。

セブパシフィック航空は、片道5,500円~のセールを開催、日本~マニラ・セブ線が対象です!

気になる運賃は、福岡~マニラ線が最安値、片道5,500円、東京(成田)・名古屋(中部)~マニラ線は片道9,000円、大阪(関西)~マニラ線は片道9,500円、東京(成田)セブ線は片道10,500円。

上記運賃は、諸税などが含まれた総額です。

セブパシフィック航空は、フィリピン最大の航空会社です。

セブ島、マニラを拠点とするLCC(格安航空会社)なのになぜ、フィリピン航空は?と思ったのですが、フィリピン航空を抜いてしまい、いまやフィリピンを代表する航空会社なのです。

LCC(格安航空会社)も、価格が安いだけの時代は終わり。

日本の流通業界を見ても、かつて栄えた百貨店の時代は終わり、そごうや西武はセブン&アイ・ホールディングスに。

格下に見られていたイトーヨーカドーが、そごうや西武を傘下に収めたのです。

バブル時代、西武がイトーヨーカドー傘下になってしまうなんて事はあり得ない話。

当時、ユーミンが「もし私の歌が売れなくなったら、その時は大手銀行がつぶれる時代」世予言していましたが。

ありえないと思ったことが数年後には起きる時代。

日本の航空業界も、数年後にはANAやJALではなく、ピーチが日本を代表する航空会社になるなんてことが起きるかもしれませんね。

セールの詳細はこちらでご確認ください。→ フィリピン離島の太陽が輝く砂浜でリラックスしよう!6月11日までにご予約ください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタスその買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram