ANA系列のLCC(格安航空会社)バニラエアは、ポイント利用規約の改定を発表しました。


バニラエアのポイントは、ANAで例えればマイル(マイレージ)の事。

搭乗期間の距離でたまるのではなく、支払額100円につき1マイル貯まるのでポイントなのです。

バニラエアは、ポイント利用規約を改定、ポイントの譲渡が可能に!

たまったポイントは、1ポイント1円で利用可能です。

このポイントが、譲渡が可能になりました。

1回あたり100ポイント単位、最大10,000ポイントまで譲渡できようになったのです。

譲渡できるポイントは年間20,000ポイントまでで、ボーナスポイントやキャンペーンで取得したポイントは譲渡できません。

譲渡後のポイントの有効期間は1ヶ月間。

譲渡すには手数料として、ポイント数の5%が必要です。

バニラエアは、ANA系列のLCC(格安航空会社)Peachとの統合(2019年度末)が発表されています。

Peachも、バニラエア同様にマイルではなくピーチポイントが貯まる仕組み。

Peachでも、同様な改定が行われるのではないかと思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ バニラエアポイント利用規約

こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ
 タグ