JALが、遂に動き出しました。


経営再建が優先だったので、LLC(格安航空会社)事業は、カンタス航空との共同出資のジェットスター・ジャパンのみ。

ANAは、ピーチが成功し、バニラエアもピーチに統合すると発表しています。

JALは、LLC(格安航空会社)を新設、2020年就航を目指しヨーロッパやアメリカ本土へ!

これに対抗してのLLC(格安航空会社)新設なので、日本発着のLLC(格安航空会社)が就航していないヨーロッパやアメリカ本土を含む中長距離路線の運航のようです。

2020年には東京オリンピック、パラリンピックがあるので、これにあわせて運航開始。

日本人客だけではなく、訪日外国人客をターゲットにしたLLC(格安航空会社)です。

スクートやエアアジアが、関西~ホノルル線に就航し話題になっています。

JTBの格安ツアーも、LLC(格安航空会社)利用が基本で、JALやANA便の利用はオプション扱いで高額。

これがさらに進めば、家族旅行などのレジャーでの利用は、LLC(格安航空会社)が当たり前になってしまいそうです。

JALのLLC(格安航空会社)を新設は期待できそうです。

この情報は、JALの発表ではなく、日本経済新聞のスクープです。

バニラエアとピーチの統合も、正式発表の前にスクープされ、そのような事実はありませんとの発表にのち、数日後に正式発表されています。

なので、日本経済新聞のスクープなら、間違いないですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 日航、中長距離LCC参入 20年にも欧米路線

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
JAL LCC