スクートが重大発表!日本~台湾線が増便されます。


スクートは、JTBの格安ツアーでの指定航空会社。

格安なのはスクート便利用のツアーで、便を変更するとオプション料がかかり、通常のツアーとの差が無くなってしまいます。

昨年JIBの格安ツアーで台北に行った時は、スクートからチャイナエアラインに変更しました。

成田~桃園線から羽田~松山線への変更なのですが、そのオプション料は17,000円と高額でした。

スクートの事を調べると、そのままスクート便を利用していた方がお得だったと思います。

スクートは、シンガポールのLCC(格安航空会社)なのですが、使用している機材は最新鋭のボーイング 787型機なのです。

最新鋭機なので、他のLCCとは別格の機内環境との事です。

これなので、LCC(格安航空会社)のなかでも注目の存在となっていたのです。

このスクートが重大発表で、東京・札幌~台北線と大阪~高雄線の3路線を増便するとの事。

スクートは台湾線増便を記念して、特別台湾セールを開催、片道6,000円~!

この増便を記念して、片道税込6,000円からの特別台湾セールを開催しています。

特別台湾セールは、2018年2月7日23:59までの期間限定。

対象路線は、以下の4路線です。

東京(成田)~台北(桃園)線が片道6,000円~(搭乗期間は2018年4月21日~6月29日まで)、片道7,500円~(搭乗期間は2018年8月23日~10月31日まで)。

札幌(新千歳)台北(桃園)線が片道7,500円~、(搭乗期間は2018年4月12日~6月30日、8月27日~10月31日まで)。

大阪(関西)~高雄線が片道7,500円~、(搭乗期間は2018年5月3日~6月23日、2018年9月1日~10月31日まで)。

上記金額は、いずれも片道料金で、燃油サーチャージや諸税が含まれた総額です。

この価格で~台北(桃園)に行けるのなら格安ツアーよりお得です。

台湾のホテルは、一人単位の価格ではなく一室単位。

家族3人での旅行なら一泊1万円として、一人約3,300円。

一泊1万円なら、人気ホテルに泊まることも出来るので。

詳細はこちらでご確認ください。→ 重大発表!台湾行きのフライトを増便します。

↓ANAのマイルをためるなら、こちらのご確認も↓




こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 


 カテゴリ
 タグ