JR東日本は、連結子会社のビューカードからビューサンクスポイント事業を会社分割によりJR東日本へ継承することを発表しました。


これにより、JR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」に、ビューカードの「ビューサンクスポイント」が統合されます。

JR東日本は、ビューカードの「ビューサンクスポイント」を「JRE POINT」に統合すると発表!

12月5日から「Suicaポイント」がJRE POINTと共通化されており、11月30日をもってSuicaポイントの付与は終了しています。

この、JR関連のポイントが分かりにくく勘弁してほしいと思います。

東京駅で、新幹線のチケットを購入する場合も、JR東日本のカウンターならビューカードでの支払いで、「ビューサンクスポイント」が多くたまります。

ところが、JR東海のカウンターだとビューカードでの支払っても意味がなく、通常のカード払いのポイントしかたまらないのです。

今回発表された、「ビューサンクスポイント」と「JRE POINT」の統合もJR東日本での事。

JRは国鉄だったのですから、JR全てのポイントを共通化してほしいですね。

JR各社ごとにポイントやサービスが異なるのはおかしいと思います。

民営化しても、この様なお役所体質だけが継続されており、利用者の事を考えたシステムにはなっていないと思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ 子会社(株式会社ビューカード)からの簡易吸収分割によるポイント事業の承継について

こちらの記事も人気です!

関連記事
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中