ANAとJALは、国際線の燃油サーチャージを全路線で徴収を開始すると発表しました。


2017年2月発券分からとの発表です。

詳細を調べると、ANA・JALとも同様です。

燃油サーチャージは、航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際に6,000円以上となった場合に燃油サーチャージの徴収を開始すると定めているからです。

2017年1月までは6,000円を下回ったため、燃油サーチャージを徴収していなかったのですが、それを超えてしまったのです。

ハワイ往復4,000円です。

ANA・JALとも、燃油サーチャージが復活!円安とともに海外旅行に大打撃!

詳細は片道で、韓国線が200円、中国・香港・台湾・マカオ線が500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線が1,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線が1,500円、インドネシア・インド・ハワイ線が2,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線が3,500円です。

数年前は、格安料金でも燃油サーチャージが高額で、価格表示が分かりにくい時代がありました。

往復4万円の表記でも燃油サーチャージを含めると6万円とかですね。

その当時は往復4万円と、燃油サーチャージ込で5万円などがあり、価格がわかりにくかったです。

またこの時代に戻ってしまうのかと不安ですね。

詳細はプレスリリースでご確認ください。↓

JALは、2017年2月から適用する「燃油特別付加運賃」(通称「燃油サーチャージ」)を、国土交通省に申請しました。

国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を改定

こちらの記事も人気です!

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ