ANAは宇宙輸送事業化に向け、PDエアロスペース、エイチ・アイ・エスとの資本提携を発表しました。


民間主導による宙機開発で、宇宙旅行をはじめとする宇宙輸送の事業化に向けての資本提携です。

ANAが宇宙に!宇宙輸送事業化に向けた資本提携を発表!

出資率は、エイチ・アイ・エスが持株比率10.3%、ANAホールディングスは持株比率7.0%です。

PDエアロスペースは、低コストで利便性の高い宇宙輸送インフラの構築に向けて事業展開しており、現在、世界初となるジェットエンジンとロケットエンジンを切り替えることの出来る次世代エンジンと、完全再使用型弾道宇宙往還機を開発中です。

ANAとエイチ・アイ・エスは、宇宙旅行・宇宙輸送実現にむけて、国内唯一の有人宇宙機開発会社であるPDエアロスペースと資本提携し、2023年12月の商業運航開始を目指します。

車の世界でも、テスラモーターズに、トヨタが出資した時はなんで?と思いましたが、今となっては納得です。

これと同様、ANAとエイチ・アイ・エスが将来性のある性のある宇宙輸送インフラに向け事業展開しているPDエアロスペースに出資。

2023年12月に商業運航開始。

宇宙旅行も夢ではなくなりそうですね。

詳細はプレスリリースでご確認ください。→ PDエアロスペース×H.I.S.×ANAホールディングス 宇宙輸送事業化に向けた資本提携

こちらの記事も人気です!

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ