これは、インド系の「オプションタウン」という企業が提供しているサービスで、エアアジアXやベトナム航空で利用できるサービスです。


わずか2,600円の追加で、座席を3席を独占できる『エンプティ・シート・オプション』です。

これなら機内で横になって眠れる!2,600円の追加で3席を独占できる『エンプティ・シート・オプション』!

日本からの発着便でこのサービスが利用できるのは、エアアジアXの羽田~クアラルンプール線と関西~クアラルンプール線、ベトナム航空の成田~ホーチミンシティ・ハノイ・ダナン線、羽田~ハノイ線で、空席がある場合のみ利用可能なサービスです。

エアアジアXのチケットを購入すると「オプションタウン」の案内がメールで届くようで、そのメールに書かれている6桁の予約コードと名字、メールアドレスをオプションタウンのページで入力することで予約ができます。

ただし空席の状態などで、このサービスが利用できるかは運次第のようです。

エアアジアXはLCCなのでもとから料金は安く、セールなどでの購入なら格安。

それにわずか2,600円の追加で3席が独占出来るなら、7時間の旅でも快適に過ごせますね。

このサービスは2012年2月から始まっていますが、利用された方の口コミでまた話題になっていました。

特にお子様と一緒の旅行でこのサービスを利用された方は快適だった様子。

子供を横にして寝させられるので。

LCCは、価格だけではなくこのような独自サービスで差別化を拡大。

日本の航空会社もこれに負けないサービスを実施して欲しいですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ エンプティ・シート・オプション(ESo)

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram