バニラ・エアなど、アジア太平洋地域を拠点とする大手LCC8社は、LCCアライアンスとしては世界最大規模の「バリューアライアンス」の設立を発表しました。

世界最大のLCCアライアンス「バリューアライアンス」が誕生!バニラ・エアなどLCC8社が加盟!

LCCアライアンスとしては、香港エクスプレス航空などLCC4社が設立したLCC初のアライアンスとなる「U-FLY Alliance」があります。

この「U-FLY Alliance」や、複数の国で事業を展開しているエアアジアに対抗するためにこの「バリューアライアンス」が設立されました。

加盟する航空会社は、バニラ・エア(VNL)、セブパシフィック航空(CEB)、チェジュ航空(JJA)、ノックエア(NOK)、ノックスクート(NCT)、タイガーエア(TGW)、スクート(SCO)、タイガーエア・オーストラリア(TGW)の合計8社。

この「バリューアライアンス」のシステムには、エア・ブラック・ボックス社の先進技術が導入されます。

「バリューアライアンス」に加盟する各社は、このシステムを利用することになるので、利用者は1度の予約・決済で加盟航空会社を利用する乗り継ぎ手配が完了します。

異なる航空会社を利用する際もアライアンス内の航空会社なら、乗り継ぎルートや利用便、最適な運賃を選択するだけの、ワンストップショッピングが可能なのです。

このシステムは、すでにスクート、ノックエア、ノックスクートが運用しており、相互乗り継ぎが可能となる運賃が販売されています。

バニラ・エアなど、他の航空会社も数カ月内にはサービスを開始する計画とのことです。

バリューアライアンスの公式サイトも5月16日18時に公開されました。

value-alliance

これはANAにも影響するのでしょうか?

この様なLCCを知っかり抑えているANAはさすがだと思います。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram