JALとANAで、特典航空券獲得に必要なマイル数を比べてみると、JALの方が少ないマイル数で搭乗できます。


東京(羽田)-沖縄(那覇)を例にするとJALでの必要マイル数は15,000マイル、それに対しANAはレギュラーシーズン18,000マイル、ハイシーズン21,000マイル。

JALにはディスカウントマイルもあるので、東京(羽田)-沖縄(那覇)の場合で最大9,500マイル、東京(羽田)-札幌(千歳)でも最大6,500マイルもの差があるのです。

さらにJALカードの利用なら直接JALのマイルが貯まり、カード会社のポイントマイルに移行する手間もないので断然JALがお得だと思っていました。

ところが違うのですね。

この件は、All Aboutでも取り上げられており、ポイント交換案内サービス『ポイ探』の社長でもある菊地 崇仁さんが詳細を紹介しています。

使いやすいJALと貯めやすいANA、どっちがお得?

これからマイルを貯めるならANAとJALどちらがお得?

菊地 崇仁さんの結論を抜粋すると、飛行機をよく利用する方は、JALマイル。

陸マイラーなら、貯められるチャンスが多いANAマイルとの事なのです。

これを見た影響も私的には大きいですね。

なのでJALからANAへ、陸でマイルをためているのですからですね。

メインで貯めるマイルがJALからANAに変わると、ポイントサイトの利用方法まで変わります。

ハピタスがメインになるのです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス  日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスなら、10,000ポイント以上のポイントが獲得できる案件も多数あります。

ハピタスは、ANAでマイルをためている方に人気のサイト4

上記案件に2件申し込みめば40,000ポイント(ANA36,000マイル)が一気に獲得できるのです。

100%還元案件も多数あります。

この100%還元案件は、5,000円の商品購入で5,000ポイントもらえるので実質無料、お金がポイントに変わるのでマイルを購入するのと同様なのです。

ハピタスは、ANAでマイルをためている方に人気のサイト5

このポイントは90%の高レートでANAのマイルへ移行可能。

このハピタスと、ソラチカルートの影響ですね。

このルートが出来てから、JALマイルからANAマイルをメインへと乗り換る方が増えています。

ANAの場合はソラチカカードのルートを使えば90%の高レート。

ハピタス→PeX→メトロポイント経由の90%は、陸マイラーの常識を変えました。

ハピタスからANAマイルへ移行

このハピタスが8日24時まで500ポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

ANAでマイルを貯めるならハピタスは重要、キャンペーンが終了してもハピタス申し込むべきです。

ハピタス経由で楽天やYahoo!ショッピングでのお買い物をするだけポイントが貯まります。

楽天での商品購入なら1%なのですが、楽天Koboでの電子書籍購入なら3.5%の還元。

日々のネット利用で、カートが別にポイントが貯まるのですからお得なのです。

ハピタスの500円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンの詳細は、ゴールデンウイー限定キャンペーンなので登録期間は5月8日(日)24:00まで。

その後7日以内ハピタスに掲載されているショップやサービスを利用が条兼です。

ハピタスを利用して、通帳に「判定中」か「有効」の記載がされれば、もれなく500円分のポイント。

ハピタス経由で楽天やYahoo!ショッピングでのお買い物をするだけでOK、金額は関係ありません。

なんでもいいので利用すれば500ポイント!

利用する機会がなくても、ANAのマイルを貯めるならハピタスは必要ですね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス  日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ