フェラーリは、車を売って商売しているだけではないのです。

1978年の第48回ジュネーヴ・モーターショーで公開された童夢-零という日本のスーパーカー。

この車は市販化はさなかったのですが、ミニカーなどの玩具がうれて、相当な利益が出たと聞いたことがあります。

フェラーリも、実は車以外の収入が大きいのです。

そして今はテーマパークです。

お父さんも楽しめる!フェラーリのテーマパーク第2弾がスペインに!

2010年にアブダビのヤス島に同社初のテーマパーク「フェラーリ・ワールド」がオープン。

第2弾はスペインのバルセロナ郊外、。「ポートアベンチュラ」の敷地内に現在建設中!

第3弾は中国本土の主要都市に建設すると発表されています。

そして今回第4弾のテーマパーク「フェラーリ・ワールド」が北米に建設予定地とのニュースです。

その詳細は明らかになされていなく、カリフォルニア州のロサンゼルスやフロリダ州のオーランドなどではと予想されています。

この「フェラーリ・ワールド」の目玉のひとつは、世界最速と言われるジェットコースター「フォーミュラ・ロッサ」。

アブダビにオープンしている「フェラーリ・ワールド」ではこの「フォーミュラ・ロッサ」が大人気!

トップスピードは240kmで、高度52m。

加速はわずか2秒で100kmに達し、カーブでは最大1.7Gの横重力とまさにF1の世界。

テーマパークでF1の速さと横Gを安心して体験できるのですから、人気なのわかりますね。

日本にも作って欲しいですね!

そうなると、鈴鹿か富士が候補地?

茂木などもいいかもしれませんね。

キャンペーンが開催されているのでこちらもお薦め!


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram