ANAは、エアバスA380型機をハワイ路線に3機導入!

ANAは、世界最大、総2階建ての旅客機エアバスA380型機を3機購入するとのニュースが!

実現すれば日本の航空会社としては初のエアバスA380導入です。

ANA-A380.jpg

1月末に発表する中期経営計画に盛り込む方向で、搭乗率が高いとホノルル路線への導入とのこと

A380は総2階建てで、座席数は500席前後。

ANAは現在、ボーイング767など200席強の機体を使用して成田から1日2往復、羽田から同1往復ずつホノルル便を運航しています。

これがA380になれば、供給座席数が大幅に拡大。

価格競争にも対応可能なのです。

そもそも、このA380はスカイマークが発注していた機体で、裏があったのです。。

スカイマーク再建の裏にでエアバスとの密約がり、導入は決まっていました。

ANAはエアバスA380型機を導入!スカイマーク再建逆転の裏にエアバスとの密約が!

スカイマークが破綻して、エアバスも発注されたA380がキャンセルとなり困っていたところなので、ANAは格安で購入できたようです。

ANAはA380以外にも、スカイマークにリース予定だったA330型機も引き受けるとの情報。

こちらは、バニラエアがハワイ線就航を計画しており、このA330型機を投入するとことで、正式発表はありません。

ですが、A380がほぼ決まったようなので、個人的にはバニラエアのハワイ線、A330型機投入の正式発表を期待します。

詳細はこちらでご確認下さい。→ 超大型機A380導入検討=ハワイ線で活用視野―ANA

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ