明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2020年に開催される東京オリンピックにむけ、日本は開発ラッシュですね~。

年末に銀座に行ったら、旧数寄屋橋阪急があった所に、もの凄いビルが建っていました。

これは「東急プラザ銀座」で、2016年3月31日(木)に開業とのことです。

また、地方空港もLCCのおかげで、活性化していますね。

仙台空港も民営化され、「東急プラザ銀座」同様、東急による運営が発表されています。

そしてこちらのニュースは沖縄の空港です。

沖縄県にある下地島空港は、定期便の就航が無い民間パイロットの訓練専用空港。

その下地島空港に三菱地所が旅客ターミナルを建設し、国際線と国内線、プライベートジェットなどを受け入れる計画を沖縄県に提案しました。

沖縄・下地島空港に旅客ターミナルが1

三菱地所は、すでに下地島空港と周辺用地利活用事業の候補事業者に選定されており、国際線と国内線の格安航空会社(LCC)を誘致する計画なのです。

沖縄・下地島空港に旅客ターミナルが2

下地島空港は、宮古島まで直線距離で20キロで、宮古島と下地島は伊良部大橋で結ばれています。

この伊良部大橋を調べてみたら、ものすごい橋なのですね。

伊良部大橋はこれですから行ってみたいですよね~。



この計画が実現すれば、宮古空港とともに宮古諸島は一気に活性化しますね。

旅客ターミナル事業のキーコンセプトは「空港から、リゾート、はじまる。」で、利用者や航空会社の視点に立った旅客ターミナル施設を目指すのコメントです。


詳細はこちらでご確認下さい。→ 沖縄県・下地島空港における旅客ターミナル施設(国際線・国内線・プライベート機受入)の整備・運営を提案

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ