北海道のリゾートトマムは、2005年に星野リゾートが買収し、星野リゾート・トマムとなっていました。

この星野リゾートトマムの全株式を、星野リゾートから中国の上海豫園旅游商城が買収したと発表。

中国の爆買いはついにここまで!北海道のリゾートトマムを買収! 

その金額は約183億円との事です。

上海豫園旅游商城は、中国を代表するコングロマリットの復星集団(Fosunグループ)傘下の企業で、上海の豫園商城のほか、食品販売、不動産売買、投資などの幅広い事業を展開しています。

星野リゾート・トマムの全株式は売却されたのですが、運営会社として星野リゾートが運営を継続します。

なので、星野リゾートの発表では、復星集団(Fosunグループ)は、星野リゾートが提案しているトマムの成長戦略に賛同する投資会社との事。

トマムを北海道ナンバーワンリゾートにするというビジョンを達成するために必要な投資を敏速に行っていくためには、Fosunグループは最適なパートナーであるとの発表です。

買収しても、日本のリゾートの運営はノウハウがないと厳しいからでしょうね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 星野リゾートトマムの投資会社変更について
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ