これってアイアンマンかと思ってしまいました。

空飛ぶ男ジェットマンは、ジェットエンジンつきのウイングスーツを背負って空を飛ぶ イブ・ロッシー(Yves Rossy)氏の事です。

イブ・ロッシー(Yves Rossy)氏は、2006年に世界初の偉業を達成、「空飛ぶ人」になったのです。

最もシンプルな形で飛行することを夢見ていたロッシー氏は、空軍や航空会社のパイロットを務めた後、この究極のフライトに辿り着きました。

その後は、ドバイの空をゆく動画や、日本でも富士山を飛んだ映像を公開しています。



そして今度は、ANAが導入するのではと噂のエアバスA380との編隊飛行に挑んだのですから驚きです。

このエアバスA380はエミレーツ航空所有のもので、ドバイの空を舞台に行われました。

また、今回は単独ではなく弟子の Vince Reffet 氏との編隊飛行です。



エアバスA380は、翼幅約80mの超巨大旅客機です。

この横を生身の人間が飛んでいるのですから凄いですよね。
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram