デルタやユナイテットなどの外資の航空会社は、空港での乗り継ぎにポルシェやベンツを利用した送迎を行っています。

これに対抗してかは解りませんが、ANAもLEXUSでの移動サービスを開始すると発表しました。

ANAは乗り継ぎのにLEXUSの移動サービスを開始!デルタなど外資のポルシェやベンツに対抗!

国産車での最上級車はトヨタのLEXUS。

高級車での送迎なら、LEXUSよりも海外の車のほうがイメージ良いと思うのですが、いろいろあるのでしょうね。

トヨタ社員の海外出張は多いでしょうからね。

今ANAが進めている最上級ダイヤモンド会員の囲い込みも、トヨタの社員なら多数いるでしょうから。

このサービスは、国内線と乗り継ぐ国際線ファーストクラス利用者に対してのLEXUS車の移動サービスで、10月から始まりました。

ANAが運航する国際線ファーストクラスの利用者に、羽田空港での乗り継ぎ時にLEXUS車で国内線ターミナルと国際線ターミナルの移動を提供する、日本初の乗り継ぎサービス「ANA&LEXUS CONNECTION」です。

対象者は、羽田空港第2ターミナルを発着するANA運航の国内線とANA運航の国際線を乗り継ぎ、国際線区間でファーストクラスを利用する方のうち、最終目的地までの搭乗手続きと荷物の預かりを完了している方。

車両はLEXUS LS600h versionL(ハイブリッド)かLX570が使用されます。

ファーストクラスを利用される方に、ポルシェならカイエンなど普段乗られていない車で送迎し、購入してもらいたいと思わせることが海外での送迎サービス。

これに対し、国内でLEXUSでの送迎は、トヨタ車を使ってくれているのねとのごますりのように感じてしまいます。

詳細はANAのプレスリリースでご確認下さい。→ 「ANA & LEXUS CONNECTION」日本初 ANAファーストクラスの乗り継ぎはLEXUSで

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ