ANAは、国内線の空港での空席待ちについて、従来の「種別A」より優先順位が上位の「種別S」を9月30日から設定しました。

「種別A」はダイヤモンド・プラチナ・ブロンズサービスメンバー、ANA スーパーフライヤーズカード会員、スターアライアンスゴールド・シルバーメンバーが対象だったのですが、優先順位が最上位の「種別S」が設定され、ダイヤモンドサービスメンバーの方のみが対象です。

ANAは空港での空席待ちに最上位の「種別S」を設定!最上位会員「ダイヤモンド」の優遇強化です。

「種別A」は、ダイヤモンドサービスメンバーがの方が「種別S」になっただけで、対象は従来と同じです。

ANAは昨年11月1日からダイヤモンドサービスメンバーに対し、事前改札後に最優先で搭乗できるサービスを国内線全路線に拡大しています。

ダイヤモンドサービスメンバーの条件は、搭乗実績を示す「プレミアムポイント」が年間10万ポイント以上、(ANAグループ運航便5万ポイント以上が必要)です。

ANAがダイヤモンドサービスメンバーを優遇するのは、それだけ重要なお客様だからです。

成田〜ニューヨーク線だとエコノミークラスで8往復、ビジネスクラスでも6往復が必要なのです。

ビジネスクラスで往復すると約120万円。

これは個人旅行では考えられなくビジネスでの利用でしょうね。

しかも企業の役員ならビジネスクラスが当たり前でしょうから。

詳細はこちらでご確認ください。→ ANA 空港での空席待ちについて

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ