楽天は、海外航空券卸売り販売(ホールセール)で業界大の手ワールドトラベルシステム株式会社の出資比率を引き上げ、子会社化したと発表しました。

楽天は、海外航空券卸売り業界大手のワールドトラベルシステムを子会社化!

ワールドトラベルシステムは、旅行会社に対する航空券の卸売り販売を主な業務とする、観光庁長官登録の第1種旅行業者です。

海外航空券インターネット予約システム「SkyRep」を業界に先駆けて開発し、海外航空券を取り扱う旅行会社に提供しています。

ワールドトラベルシステムが楽天のグループ会社となった事で、「楽天トラベル」一気に強くなりますね。

日系航空会社をはじめとする世界の主要な航空会社から海外航空券を直接仕入れることが可能となるのですから。

詳しく輪解りませんが、同じ航空券でも、日本で買うより海外で購入した方が安い場合が多いと聞きました。

「楽天トラベル」ではこれまでも、航空券とホテルを自由に選んで予約できるダイナミックパッケージを販売しいますが、これからは、海外航空券との組み合わせで、さらにお得なツアーなどが販売されそうですね。

詳細は楽天のプレスリリースでご確認ください。→ 楽天、海外航空券ホールセラーで業界大手のWTS社を子会社化

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram