スカイマークの再建は、スカイマークがエアバスに発注し、工場に眠ってい2機をANAが購入することで大逆転。

エアバスのA380は総2階建てで、スカイマークが発注していたA380は他社に導入されたA380より座席数が少なく独自の仕様となっています。

すでに完成しており、現在はエアバスの仏トゥールーズの工場に眠っているのです。

A380カタログ価格は1機約4億3000万ドルで現在の為替に換算すると日本円で530億円です。

ところがスカイマークが発注した当時は円高、さらに日本市場に参入したいエアバスのセールスもあり約270億の契約だったのです。

それをANAが購入するので、外装の塗替えなどの改修費含めても価格交渉で、200億円台前半と格安以下での購入なのです。

ANA-A380.jpg

上記写真はエアバスの塗装の場合で、最低限これだけ塗り替えればANAのA380機になる見本です。

これがスカイマークの塗装からだと、お金かかりますよね。

以前仕事でJAS関連の事をやっていましたが、飛行機のペイントは数千万円かかります。

家の塗替えでも250万円ですからね。

今回の件、最新鋭の総2階建機が安く買えるので、これは良い事だと思ったら、様々な問題があるのです。

私が思うに、新日鉄住金などはこの情報で営業部隊が動いているのではと思います。

新日鉄住金は、航空機用のチタンの新素材でボーイングとの提携を発表したばかり。

これがエアバスのA380となぜ結びつくのか?

それはANAの格納庫です。

新日鉄住金は数年前にANAの格納庫を作っています。

東京スカイツリーや羽田空港の海面上のD滑走路も新日鉄住金です。

海水の中で100年錆びない鉄となれば、新日鉄住金しかできない仕事なのです。

ANAがエアバスのA380導入となれば、巨大な格納庫の新設が必要。

これは、週刊ダイヤモンドにも書かれていました。

娘を入れたい学校特集なのですが、ANAのエアバスA380導入の記事に格納庫の新設のことが書かれていました。

また、現行の規定では羽田空港に就航できないなど詳しいことが書かれていたので、気になる方は週刊ダイヤモンドを御覧ください。

この記事のことなどもあり、個人的に過去にANAの格納庫を建設した新日鉄住金や、大手ゼネコンに嬉しい話しなのではと思ったのです。

さらに、新しい航空機導入なので、整備士やパイロットを一から訓練する必要も。

航空機の免許があればどの飛行機でも操縦できるのではなく、機種ごとの対応が必要の様です。

ANAのエアバスA380導入には、格納庫とパイロットの確保が必要。

まだまだ問題多いですね。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ