JCBは、他社との提携カードではない「JCBオリジナルシリーズ」のカードに、ANAマイレージクラブの機能を搭載した、JCBカード/プラスANAマイレージクラブカードの発行を始めました。

JCBオリジナルカードに、ANAマイレージクラブ機能が搭載に!ANA JCBカードとの違いは?

すでに、ANA JCBカードが存在するので、違いが分かりにくいですね。

特徴と言うか説明をみると、「JCBオリジナルシリーズ」は、ボーナスポイントがたまる優待店「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」や海外ダブルポイントなどで、OkiDokiポイントが貯まりやすいカードとの事。

ですが、ANA JCBカード(一般カード)なら、ポイントをマイルに移行する場合、年間5,000円の手数料を払えば1ポイント10マイル、通常でも1ポイント5マイルで移行出来ます。

ところがこのポイントが貯めやすい「JCBオリジナルシリーズ」からANAマイルへの移行は1ポイント3マイルです。

ポイント貯がめやすいと言ってもこの差は埋まらないですよね。
ANAマイレージクラブ会員に提供される様々なサービスも利用可能となっているますが、それが目的ならANAカードの方がお得ですよね。

年会費を見てみると、JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは 1,250円(税別)。
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブは 10,000円(税別).

これに対し、ANA JCB一般カード は 2,000円(税別)、ANA JCB ワイドゴールドカード は 14,000円(税別)。

この差なら、やはりANA JCBカード の方がお得に感じますが。

なお、「JCBオリジナルシリーズ」のJCB/プラスANAマイレージクラブの発行開始を記念して、オンラインでの新規入会でOkiDokiポイントが最大11,000ポイント(NAマイル33,000マイル相当)がもらえるキャンペーンが開催されています。

詳細はこちらでご確認ください。→ JCB ORIGINAL SERIESにANAマイレージクラブ機能搭載
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram