民事再生手続きを進めるスカイマークの最大債権者のイントレピッドは、都内でデルタ航空と共同会見を開き、スカイマークの再生計画案を発表しました。

遂にデルタ航空がスカイマーク支援を表明!スカイマイルなのですからスカイマーク支援、本格的に実現して欲しいです。 

イントレピッドは、条件が整えば300億円の債権を取り下げるとして、債権者へ支持を訴えました。

この300億円の債権取り下げにより、約15億円が他の債権者への原資になるので、賛同する債権者が大きなるのではと思います。

また今回の説明で、個人的に気になったのが、デルタ航空の支援です。

デルタ航空のスカイマイルが、現在34万マイル貯まっているので気になるのです。

これまでもデルタ航空とスカイマークは提携交渉を進めていましたが、スカイマークの独自の予約システムやマイレージ会員ないこと、さらに低価格戦略でデルタ航空のサービス水準に達していないなどで、提携には至っていませんでした。

しかし、今回は出資も計画しているのですから、単なる提携ではありません。

外資系企業の出資は最大33.3%とする規制があので、2割から最大3割程度の出資のようです。

デルタ航空の日本支社長が、予約システムは標準的なものへ変更し、マイレージサービスなどを提案、サービス向上を手伝いたいとのコメント。

個人的に、デルタ航空のマイレージサービスの提案が気になるのです。
現在でも、デルタ航空の提携クレジットカードがあれば、スカイマークの航空券を獲得する事ができますが、デルタ航空の支援で、スカイマークのスカイマイル導入となってほしいと思うのです。

完全に同じになってくれた方が、使い勝手もいいので。

イントレピッド、債権300億円取り下げも デルタ航空とスカイマーク支援案




●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram