日本政策投資銀行は、ボーイング・キャピタル・コーポレーションと航空機ファイナンス分野で協力を進めるためのアクションプランで合意、業務提携を発表しました。

日本を航空機ファイナンスのアジアのハブとするために、日本政策投資銀行は、ボーイングと提携!

日本政策投資銀行は、2011年に航空機ファイナンス市場に本格参入。

日本を航空機ファイナンスのアジアのハブとするために、日本の金融機関の同市場への参入を支援してきました。
ボーイング・キャピタルも、東京での定期的なセミナーの開催や、シアトルでの研修機会などを行い日本の金融機関の航空機ファイナンスビジネスにアピール。

世界の民間航空機市場は拡大傾向で、今後20年間で運航機数は現在の約2万機から4万機へと倍増する見通しです。

なので航空機ファイナンス市場は、2009年の約620億ドルから、2015年には1250億ドルへと倍増の予測。

今後も年間5~10%の拡大が期待できます。

この状況の旺盛な資金需要になので、日本政策投資銀行は、ボーイングと提携を決めたのです。

その内容は、、航空機ファイナンスの新たな手法の開発、既存の高度な手法の導入、日本の資本市場の活用と市場環境整備、金融機関や機関投資家が航空機ファイナンスのスキル・ノウハウを得る機会の提供です。

日本政策投資銀行は、7月から、ボーイング・キャピタルの支援を得てアビエーション・ワーキング・グループに加盟する予定です。

アビエーション・ワーキング・グループは、世界の航空機ファイナンス市場の主要関係者が集まる非営利組織です。

難しい言葉が並んでいますが、阿部政権がボーイングに投資すると言う事なのでしょうか?

現在株価が上昇しているのは、年金積立金を株式市場に投入した影響が大きいです。

約130兆円を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株式運用の割合を5割に高めると発表しています。

このとんでもない金額が株式市場に投入されているので、株価上昇は当たり前。

ですが今後利益確定し、売らなくてはならないのです。

水槽にくじらが現れ、水面上昇が現状。

このくじらがいなくなったらどうなるのか想像できますよね。

そんな状況の投資ですが、航空機市場の拡大傾向などを見ると、日本株より安心のような気がします。

詳細はプレスリリーでご確認下さい。→ Boeing Capital Corporationと日本政策投資銀行の業務協力協定締結について




●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram