先月、アメリカン・エキスプレスのカードの管理課から電話で、カードの不正利用が発覚。

カード番号にありそうな数字を任意に作り出し、それが使えるかを割り出すようなソフト利用で私のカード番号が使われてしまったのです。

新種のカード詐欺に注意!私も被害に会い知らない決算が数十万円も!

通常カード利用の買い物は、カード番号以外に、有効期限やセキュリティー番号の入力が必要です。

今回発覚した理由は、金額にして数十万円、とんでもない数のカード利用があったのですが、有効期限やセキュリティー番号の入力などでNGの回数が多く、カード会社が不正と気付き、確認の連絡をくれたのです。

その時、すでに決算されてしまっている案件もあるとの説明でした。

カード不正利用の損害件数は15件!Amazonも入っていたのです!

その請求案内が来たので、内容がわかりました。
その内13件は壁紙販売などの訳の分からない会社。

ここはセキュリティーが甘く、カード番号だけで決算が出来たようです。

ところがこの中にアマゾンが2件入っているのです。

壁紙販売は一件540円と少額ですが、Amazonは万単位の金額。

これがカード番号だけで決算出来てしまうなんて怖いですね。

カード番号だけで決算が出来たと決めつけている理由は、カードの有効期限がわかれば、決算できる所は大幅に増えます。

ヨドバシカメラで、つい先程買い物をしましたが、カード番号の他にカードの有効期限、セキュリティー番号は任意で、カード番号とカードの有効期限がわかれば使えます。

なので、15件で済んだ理由は、カードの有効期限の入力が必要なサイトでは使えなかったからです。

Amazonは、ネット通販の最大手企業と思うのですが、それなのにセキュリティーが甘いとは唖然です。

アメリカン・エキスプレスのカードだったので、実際の損害はなく、 第三者による不正使用分の調整としてその分がマイナスになっていました。

クレジットカードは、不正利用の補償なども考えて作らないと怖いですね。

皆さん、ご注意を!


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram