ピーチ・アビエーションは、ふるさと納税で連携する自治体の拡大を発表しました。

現在は大阪府 泉佐野市と長崎県 東彼杵町。

発表によると、8月から宮崎県 小林市、沖縄県 糸満市、9月から鹿児島県 南さつま市が加わります。

ピーチは、ふるさと納税で連携する自治体の拡大を発表!実質2,000円の負担でピーチポイントギフト5万円分![3]

対象の自治体にふるさと納税をすると、謝礼品として航空券の購入などに使用できる「ピーチポイントギフト」などがもらえます。
納税額1万円以上で5,000ピーチポイント(5,000円分)
納税額3万円以上で15,000ピーチポイント(15,000円分)
納税額5万円以上で25,000ピーチポイント(25,000円分)
納税額10万円以上で50,000ピーチポイント(50,000円分)

また、オリジナルのデジタルカレンダーももらえます。

今後連携が発表されている小林市と南さつま市ではピーチポイントギフトの他、特産品などを予定、糸満市ではマリンレジャー券をなどを予定しています。

ふるさと納税は、自治体への寄附金のことで、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、住民税のおよそ2割程度を上限に税金が減額される制度です。

なので、10万円をふるさと納税した場合でも実質の負担は2,000円となり、ピーチポイントギフト5万円分と、その他の商品ももらえるのです。

詳細はプレスリリースでご確認ください。→ ふるさと納税で就航地域の自治体と連携します!


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None