デルタ航空のスカイマイルを貯めるなら、クレジットカードの有効活用が重要です。

デルタ航空のスカイマイ

ANAやJALと違い、デルタ航空の「スカイマイル」を貯めるためのクレジットカードを考えると、貯め方で大きく違いが出るのです。

陸で貯めるのか、フライトで貯めるのか。

フライトの場合も、デルタ航空なのか、デルタ航空と他別に、ANAやJALなどの国内線なのか。

デルタ航空の「スカイマイル」は、有効期限が無期限なので、年会費を考慮し気長に貯めるのかでも違ってきます。

現在私が所有しているカードは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードです。

USJウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターに行くのに、デルタスカイマイルのJTBの特典を利用したく、カードを作りました。
デルタ航空のスカイマイルで、JTB商品券やスカイマークの特典航空券を獲得するためには、デルタ航空のスカイマイルカードが必要なのです。

過去記事→ デルタスカイマイルのJTBの特典 30,000マイル30,000円の旅行クーポンが届きました!

以前はデルタ航空(ノースウエスト航空)のシティ ワールドパークス VISA ゴールドカードがメインカード。

この時はゴールドカードなのに年会費が無料だったのです。

初年度年会費無料で作り、翌年からカード更新前に解約の連絡をすると、もう1年年会費無料でとなったのです。

ところが、デルタ航空に変わり、解約の連絡をすると条件の提示はなくなり解約となりました。

その後、メインカードをJALへ変更しています。

現状、私が最強と思うデルタ航空のクレジットカードはデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードです。

国内の航空会社のカードは、10円で1マイルが標準ですが、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードなら、100円で1.5マイルたまり、しかもデルタ航空のビジネスクラスラウンジ「デルタ スカイクラブ」も年3回利用できるのです!

年会費は、28,000円(税抜)

私が所有しているデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費、12,000円(税抜)です。

スカイマイルの上級会員になれるのでこのカードを作りました。

過去記事→ デルタ スカイマイル シルバーメダリオンの会員証が届きました。

ですが、フライトがないので上級会員になっても意味は無いです。

国内線でのフライトが多い方なら、これが違うのですね。

デルタ航空の「スカイマイル」には、ニッポン 500 マイル・キャンペーンがあるので、国内線のフライトでも20,000 ボーナスマイルまで、スカイマイルを貯めることが出来るのです。

一般会員の方は、5,000 ボーナスマイルまで、スカイマイル・メダリオン会員なら20,000 ボーナスマイルまでなのです。

その差は15,000 ボーナスマイルなので、年会費の12,000円(税抜)、元取れますね。

年会費最安値なのは、1,500円と低コストながら、100円=1マイルが貯まるデルタスカイマイル テイクオフ JCBカードです。

このカードでも、JTB商品券やスカイマークの特典航空券を獲得出来ます。

年会費を考慮して計算すると、年間利用額が200万円以下なら、「デルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカード」が最強。

私の場合は、クレジットカードの年間利用額は、平均300万円以上です。

これは、コンビニ利用などカードで支払えるものは全てカードの集約しているのでこの金額になります。

病気の時の医療費も、もちろんクレジットカードです。

ですがここで迷うのは、現在のメインはJALカード。

以前のように、デルタ航空のクレジットカードをメインにするなら、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

年会費を考慮するなら、デルタスカイマイル テイクオフ JCBカード。

いずれにしても、フライトにない私の場合は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード、見直しが必要ですね。


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None