日本にも、多くのLCC(格安航空)が就航しました。

ですが、2014年3月期に単年黒字を達成したにはピーチだけなのです。

勝ち組ピーチの秘密は空飛ぶ電車!世界中のLCCがピーチの成功に注目!

エアアジア・ジャパンなどは、ANAとの合併を解消してバニラ・エアになりました。

またJALと提携しているジェットスター・ジャパンは、今だ赤字のままなのです。

勝ち組ピーチの井上慎一CEOは、「ピーチは航空会社ですが『空飛ぶ電車』の様なサービスモデルを志向。お客様が遅れても待たずに出発し、チケットはお客様が自分で手配。駅の改札を通るように自らチェックイン。新幹線のワゴンサービスのように、機内の飲食物は全て有料で提供している」とのコメント。
この様に具体的に新幹線などと比べられると、これこそ当たり前のような気がします。

遅れてきた客を電車が待たないのは当たり前ですよね。

どのサービスが必須で、どのサービスは排除、もしくは簡素化してよいのかの判断が重要なのです。

これが的確にできるからこそ、ピーチは、決してサービスが悪いなどとの悪評も立たずに低価格で航空券を販売でき、黒字なのです。

そもそもLCCは、米サウスウエスト航空のビジネスモデルなのですが、米サウスウエスト航空も米国最初のLCCのパシフィック・サウスウエスト・エアラインを研究、完璧にコピーした航空会社です。

サウスウエスト航空は、大きく成長したのですが、今は企業が成熟することで、普通の会社になってしまい低迷しています。

そして今、世界の航空がビジネスモデルとして注目しているのが日本のピーチなのです。

将来、ピーチ系列のANAって、昔は日本一の航空会社だったの?なんて事が起きるかもしれませんね。

ダイエーは消滅目前でイオンの子会社。

コジマ電気もビックの子会社。

西武百貨店やそごうはイトーヨーカドーの子会社ですから。



●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None