オードリー・ヘプバーン主演の映画「ローマの休日」の舞台として有名なスペイン広場の中央にある、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作「バルカッチャの噴水」。

行ってみたいと思っている方は多いと思います。

私もマイルをためて、いつかは行ってみたいと思う憧れ地。

この噴水がとんでも無い事になってしまいました。

その記事を見て、YouTubeで探したらありました。



酔ったオランダのサッカーファンが警官と衝突し、このような状態になってしまったのです。
噴水は昨秋、20万ユーロ(約2,700万円)をかけて修復されたばかりなのです。

これが、ビール瓶やゴミが投げ入れられただけならまだいいのですが、 彫刻の一部が破損してしまったのです。

日本でもサッカーファンが問題を起こしたことはありますが、まるでレベルが違いますね。

これは犯罪というか暴動というか。

あまりに残念な出来事だと思います。

詳細はこちらでご確認下さい。→ 「ローマの休日」舞台の噴水無残…文化相が非難

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None