100円で1.5マイルや、2マイル貯まるカードといえば、デルタ航空やユナイテット航空などの外資系。

国内の航空会社では聞いたことないですね。

でもANAカードには、100円で2マイル、自動付帯保険も、国内・海外旅行傷害保険1億円、カードラウンジだけではなくANA国内線ラウンジ、プライオリティ・パスで海外旅行時もユナイテット航空などのビジネスクラスのラウンジが利用できる究極のカードが有るのです。

今まではカードの利用状況などから、案内が来た方だけが入会できるカードだったのですが、ANAカードのページにお申込みページが出来ました。

選ばれた方だけに案内があった100円で2マイル貯まる究極のANAカード、ついに自己申請が可能に!

ANA カードプレミアムの募集が、一般カードと同様になったのに合わせて、究極のANAカードも入会申し込みのページが出来たのです。
このプレミアムカード、入会するの所に、お申し込みというバナーがあるのですが、クリックしても通常のカードのページに飛んでしまいます。

ですがここに出ているのですから、申し込みの意志があれば、発行されます。

JCBのJCBザ・クラスも、以前問い合わせをしたらすぐに申込用紙が送られてきました。

アメックスのプラチナも、自己申請で申し込みました。

今回のANA カードプレミアムの様に、募集しているかのように出ているカードなら、自己申請すればカード発行の条件を満たしている方なら間違えなく発行されます。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードだけが、自己申請ではもらえないカードですね。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの場合は、今だ詳細を公表していないので。

ANA カードプレミアムは、現在4つのブランドがあります。
ANA JCBカードプレミアム・ANA VISA プラチナプレミアムカード・ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアムカード・ANAダイナースプレミアムカード

この4ブランドの内、究極のANAカードはどれかわかりますか?

年会費を見れば一目瞭然ですね。

税込年会費で、75,600円・86,400円・162,000円・167,400円。

正解はANAダイナースプレミアムカードです。

カードの詳細を見れば分かります。

年会費167,000円は、カード史上最強のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの当初の年会費160,000円(税別、値上げで360,000円に)とほぼ同じです。

カードの利用額が多い方なら、年間300万円なら楽にクリア。

なので、カード利用で60,000マイル。

入会・継続時に10,000マイル。

搭乗時のボーナスマイルが50%。

出張が多く、航空券は会社支給ではなく個人で購入し会社で精算が出来る方なら、元は取れるのでは。

センチュリオン・カードの場合も、ホテル宿泊時、最低金の部屋を予約しても、スイートなみの部屋にアップグレードしてくれたので、なんとか元は取れるかと思っていましたが、16万円が限界。

36万ではサラリーマンには元が取れません。

こう考えると、このカードはサラリーマンが持てる最上級のカードですね。



●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None